道の駅しもつけは、採れたて野菜や地元の物産、カンピくんグッズの集う栃木県下野市の道の駅。楽しいイベントも盛り沢山!



◆休館日

第1・第3水曜日、1月1日~3日

◆営業時間

直売・物産:9:00~18:00
(夏季6月~8月は19:00まで)
レストラン・軽食コーナー:
9:00~18:00(夏季6月~8月は19:00まで)
駐車場:296台・大型車40台

施設のご案内

エコへの取り組み

道の駅しもつけが実践しているエコへの取り組みをご紹介します。
 
ソーラーパネル
地域振興交流施設の通路天井には、ライトスルー型のソーラーパネルが配置され、6KW以上の発電をおこなっています。野菜の鮮度を保つために設置された農産物直売所のLED照明は、この太陽光発電によりまかなっています。

鮮度がいのちの直売所の農産物は、LEDの照明でやさしく照らされます。 地産地消 資源循環型リサイクル▲鮮度がいのちの直売所の農産物は、LEDの照明でやさしく照らされます。 地産地消 資源循環型リサイクル
 
地産地消 資源循環型リサイクル
施設内ででた生ごみ等は、処理施設へ運ばれて液体肥料に加工され、直売所に納入する農産物の生産に利用されます。ごみを焼却・廃棄することなく、資源循環的リサイクルの仕組みを確立することで、CO2削減・環境保全の効果をはかります。
東日本大震災の直後に誕生した道の駅しもつけは、地元の産業振興拠点として、これからの公共施設のあるべき姿を提言していきます。